代表メッセージ ホアン・打田特許翻訳有限会社

代表メッセージ 弊社翻訳方針

日本の出願人が外国で権利行使しやすい強い特許権を取得するためには、権利を主張したい範囲を正確に英文にした翻訳文が必要です。弊社は、日本の特許出願人の明細書およびクレームを正確に翻訳することが使命であると考えています。

様々な分野の翻訳がある中で、私達は、「特許」を専門としております。特許翻訳で最も重視されるのは、「正確さ」です。他の分野の翻訳であれば、日本語を英語にする場合、英語を母国語とする人が読みやすいように、より英語らしい表現を使うことが要求される場合が多いです。その際、そもそも日本語と英語は構造も文化も異なる言語なので、日本語と多少意味が違っても英語らしい表現の方が好まれる場合があります。しかし、特許翻訳の場合、そういうわけにはいきません。意味の正確さを犠牲にして英語らしい表現を用いることはできません。常に「正確さ」が優先されます。

では、「正確さ」と、何でしょうか。日本語から英語に翻訳する場合、日本語の語句を1つ1つ英単語に置き換える作業でしょうか?そうではありません。「正確な翻訳」というのは、「意味が全く同じ」ということです。特許の権利範囲を明確にするわけですから、全く同じ範囲を表す英文を作成しなければなりません。丸いものは丸く、四角いものは四角に、完全に同じ面積をもった相似形の翻訳文にしなければなりません。意味が、1mmたりともずれることなく完全に重なり合わなければならないのです。そして、英語として明確に意味をなす英文を作成することが重要だと考えています。日本語の語句を1つ1つ英単語に置き換えるだけでは、時に英語として意味をなさない場合があります。時には、全く違う意味になってしまうこともあります。

例えば、下記翻訳例を御覧ください。
「各センサ3は、各信号線4と接続される」いう文があったとします。日本語に「各」とありますので、自動的にeach を頭に浮かべる方が多いことでしょう。

代表取締役 打田 治枝

翻訳例

例

この場合はeach は用いることができないのです。日本語には「各」は2つありますが、each を2つ用いることはできないのです。もし、日本語に忠実に訳そうとして2つeach を用いれば、日本語が意図しない意味を表す英文になってしまうのです。これでは、正確な翻訳とはいえません。

これは、単なる一例であって、このような問題に頻繁に遭遇します。そのたびに、日本人翻訳者と英語ネイティブ翻訳者とが相談し合って、PCT出願であるのかパリ出願であるのか常に念頭におきながら、日本語で表したい意味を過不足なく伝える英文を作成しています。弊社の翻訳者は、自動的に日本語を英語に置き変えるのではなく、常に頭を使って正しい意味を伝える英文を作成しています。

弊社の翻訳者は全員、非常に高い英語能力および日本語能力を有しております。しかし、特許翻訳は、語学力が優れているだけでは不十分です。正確に原文を理解する能力および知識が必要です。その点でも、弊社の翻訳者は全員高い能力を有しています。しかも、翻訳者は、同じオフィス内で翻訳作業を行いますので、知識を共有することができます。言語の点でも日本人翻訳者と英語を母国語とする翻訳者とが能力を補強し合うことができます。

これらの特長を有する弊社の少数精鋭の翻訳者達により、お客様のご要望に沿った、正確で信頼のおける特許翻訳をご提供させて戴きます。良質の翻訳は、最終的には貴社の特許出願費用の削減につながります。コスト削減のためにも弊社の翻訳サービスをご利用ください。

Contact Us

お問い合わせはこちら
TEL.06-6202-5606